クラウドサイン詳細と評判

500名以上の大企業でブランド重視の電子契約を使いたいならクラウドサイン!

弁護士ドットコムが運営する累計登録社数No.1の電子契約サービス。
弁護士ドットコムの安心感と様々な機能を随時アップデートしているため多くの会社が導入しているサービスですが、色々調べた中でわかったことをお伝えします。
また、実際に本サイトスタッフがクラウドサインに電話をかけてみましたので、そのときの印象などもお伝えします。

クラウドサインの良かった点、気になった点と口コミ

良かった点

①ブランド力

知名度、ブランド力という強みがあります。しかも、弁護士ドットコムが運営しているし、累計登録者数ナンバーワンの企業なので安心ですね。
近年ではテレビ、Youtubeなどでも広告を積極的に出して業界の認知度をあげています。

②充実した機能

テンプレート、権限管理、API連携などもStandardプランでもついてます。

気になった点

①Standard plusとBusinessの間がない

BusinessプランのAPI連携、IPアドレス制限、承認権限などの中でいらない機能があっても月額10万は必ずかかる点。
できるだけ費用を抑えたい100名以上の会社ですと、オーダーメイドできないのでもったいないかも。

②書類1送信ごとの費用が高い

Standardプラン以上だと1送信ごとに200円かかるため印紙税を削減したいという会社だとあまりおすすめできない。

③契約書の入力項目の設定が面倒。

入力する項目が10箇所を超えることも普通にあるため、最初はすごく時間がかかる。
登録しているテンプレートと少しでも違いが出てしまうと、Wordで契約書類を作り直してそれをPDF化するという手間が発生すること。

口コミ

K社

最低2日はかかっていた契約締結が、1~2時間程度で完了しています。
印刷、押印、コピー等の作業がなくなったことで大幅な業務削減につながりました。

M社

同じ類型の書類を大人数に送る際には、一括送信機能を使えば個別に変えたい情報(氏名や条件など)をCSVで流しこむだけで全員分の書類が完成するので、あとは送信するだけです。
進捗状況を簡単に確認でき、未締結者にボタン一つでリマインドメールを送れるのもとても便利な機能です。
以前は締結状況の進捗管理を別で行う必要がありましたが、クラウドサインを導入してからはシステム内で管理でき、とても手軽になりました。

クラウドサインへの問い合わせ

クラウドサインへの問い合わせ方法

電話、ホームページからの問い合わせに10時~19時まで対応しています。
ホームページからの問い合わせに関しては、「お問い合わせ」のページで会社名、名前とメールアドレス、電話番号、問い合わせ内容を記入して送信します。
資料請求と申し込みもホームページで可能です。

問い合わせた際の担当者の印象

はじめは丁寧に教えてくれる印象であったが、後半になると営業感が強くなってきて詳しいことはお会いしてから、ということで営業担当とのアポの打診をしてくる。
比較検討中だと答えても、なんとか会わせようとしてくる感が否めなかった。業界トップ企業なので、殿様営業感が少し感じられた。

クラウドサインの基本情報

料金プラン お試しFreeプラン
Standardプラン
Standardplusプラン
Businessプラン
ホームページURL https://www.cloudsign.jp/
営業日 平日10時~19時
お問い合わせ先 050-7586-3879