kintone連携ソリューションとワンビシアーカイブズのWAN-Signが連携を開始

更新日:2021年09月03日(金)   投稿日:2021年09月03日(金)

kintone連携ソリューションとワンビシアーカイブズのWAN-Signが連携を開始

2021年7月26日

株式会社ワンビシアーカイブズが提供する電子署名・電子契約サービス「WAN-Sign」は、サイボウズ社が提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」との連携を開始した。連携はコントラクトマネジメント株式会社が提供する「WAN-Sign連携アプリ」により実現した。

これにより、サイボウズ社が提供する「kintone」をフロントシステムとしながら、「WAN-Sign」の電子署名・電子契約機能をkintone上で利用することが可能となる。

連携の背景と概要

新型コロナウイルス感染症拡大によるリモートワークの拡大や2021年5月12日に成立した「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案」を受け、「脱ハンコ」・DXが一気に加速することが予想される。
しかし、企業の総務・法務・経理部門などの管理部門では、いまだに押印業務や契約管理業務における「ハンコ出社」をしなければならないケースが多い。

こうした中、電子署名・電子契約を単一のサービスとして利用するのではなく、他サービスとのシームレスなデータ連携・運用連携が求められている。

他サービスとの連携には専門知識を要する開発作業や導入までの期間が求められる場合が多々あるが「WAN-Sign連携アプリ」により、kintoneを利用した業務・運用へ「WAN-Sign」の電子署名やタイムスタンプ機能を連携でき、最適な業務システムソリューションが提供される。

  |  

メニュー