NINJA SIGN(ニンジャサイン)詳細と評判

Googleアカウントなどで電子契約を便利に使いたいならNINJA SIGN(ニンジャサイン)!

NINJA SIGN(ニンジャサイン)は日本最大級の資格試験学習サイト「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジットの電子契約サービスです。行列のできる法律相談所の北村弁護士をCMに起用したり、業界最安値の月額4980円でサービスをローンチしたりと業界を変えていこうという動きがみられます。また、実際に本サイトスタッフがNINJA SIGN(ニンジャサイン)に聞いてみましたので、そのときの印象などもお伝えします。

NINJA SIGN(ニンジャサイン)の良かった点、気になった点と口コミ

良かった点

①良心的な価格設定

電子契約サービスの業界は有料版は基本的に一番安くて約1万円というのが一般的でした! ただ、ニンジャサインはそこを崩してきており有料プランの最安値が4980円となっているのがいいですよね。 しかも、他社は1件あたりに100円~200円課金が必要だったにもかかわらずそこも無料になっています!

②テンプレートなど機能が充実している!

契約書ごとのテンプレート機能があったり、契約書一括送信機能、契約書一覧ダウンロード機能が 4980円のプラン内に含まれているのも魅力の一つ!

③今までになかったGoogleアカウントを使った電子契約サービス!

Google drive、Google docs、AWSを採用しており、非常に使いやすく、 Googleドキュメントの中からそのままアップロードができ、すべてクラウド上で完結します! 以前はGoogleアカウントを持っている方しかアカウントを作成できなかったが11月からは 他のメールアドレスでも作成できるようになったので、とても利用者が増えています!!

気になった点

①他社のサービスだとユーザー数が無制限だったりするが、 月額4980円のライトプランだと1アカウントごとに3000円ずつ加算される点。

②Proプランから値段が跳ね上がる点。

口コミ


T社

説明書がなくても締結まで進むことができ、大変シンプルで分かりやすいです。 オンライン上での契約は難しいイメージがあったのですが、NINJA SIGNは管理画面の 項目が少ないため助かりました。何をしたらいいかが一目で分かるつくりになっ ていると思います。 入社者の契約書をすぐに探し出せるようになったので、だいぶ手間の削減になりました。 以前は、契約書を締結した部署ごとに契約書の保管をしていたので、探したい契約書を探すのに 時間がかかっていました。NINJA SIGN内で契約書をまとめていると情報管理もしっかりとできるのでありがたいです。

W社

時間がかからず、簡単に送ることができました。 雛形を確認いただき、先方へ URLを送るだけだったので、思っていたよりも楽でし た。 また、管理画面上も ボタンが少なく見やすかった印象です。今回は利用しませんでしたが、今後困った際は、 チャットで聞ける機能も活用したいと思います。 たくさんありますが、覚書の作成がすぐにできるところが良いです。 あとはカスタマイズのようなイメージで、ハンコの設置場所が自分で選べるのも面白いと思いました。 手軽ですし、新感覚の契約書だと感じています。

ニンジャサインへの問い合わせ

ニンジャサインへの問い合わせ方法

ホームページのメール問い合わせ、チャット問い合わせに平日10時~18時まで対応しています。
ホームページからの問い合わせに関しては、「お問い合わせ」のページで会社名、部署名、役職、会社住所、氏名とメールアドレス、電話番号、問い合わせ内容を記入して送信します。資料請求と申し込みもホームページで可能です。

問い合わせた際の担当者の印象

実際にニンジャサインのチャットに問い合わせたところ、返答も早く、親切丁寧に教えていただけました。思った以上に細かく教えていただいたという印象です。

NINJA SIGNの基本情報

料金プラン Freeプラン
Lightプラン
Proプラン
Enterpriseプラン
ホームページURL https://ninja-sign.com/
営業日 平日10時~18時
お問い合わせ先 https://ninja-sign.com/request_document

100人以下か個人事業主でとにかく安く早く電子契約を導入したい方


クラウドコントラクト

IP制限、API連携、テンプレートなどが必要なく、すぐに電子契約を導入したい企業や個人事業主には おすすめ。利用画面もシンプルでやさしいのでインターネットに不慣れな方でも使いやすい。 大手では対応できないような導入支援やルール作りまでを丁寧にしてくれます。 月100件以内であれば月額費用のみで済むので、毎月送付する契約書が多くなく、電子契約を使いたい企業には ぜひともおすすめしたい。

100人以上の規模でオーダーメイドのプランで電子契約を導入したい方


GMOAgree

GMOインターネットグループが提供する電子契約サービスで企業が必要な機能ごとにオプションをつけられるのでそれほど無駄な費用がかからない。
IP制限、API連携、テンプレートなどセキュリティ重視でコストもそこまでかけたくない100人以上の企業向け。Freeプランも用意されているが、支払情報や電子証明書申請が必要になるため、やや手間に感じる方もいるかも。

500人以上の規模でブランド重視とりあえず業界トップの電子契約を導入したい方


クラウドサイン

弁護士ドットコムが運営する累計登録社数№1の電子契約サービス。弁護士ドットコムの安心感と様々な機能を随時アップデートしているため機能が大変充実している。
ただ、中堅の企業で稟議機能、IP制限API連携、テンプレートなどの中で不要な機能があっても月額10万以上かかり必要性に合わせてカスタマイズすることができない。
コミコミで月10万円なので細かい値段をケチらない大手企業であれば導入すべきかも。

【3社比較】1ヶ月に100件締結するとしたら
料金はいくらになる?


クラウドコントラクト

9,980円(税別)


GMOAgree

20,000円(税別)


クラウドサイン

20,000円(税別)

月100件以内の締結数だったら圧倒的な安さ!!
電子契約を取り入れたい中小企業におすすめの会社です!!

電子契約書を選ぶ際に
最低限知っておきたいこと