Adobe Sign 詳細と評判

大企業で柔軟なプランを求めるならAdobe Sign(アドビサイン)

Photoshopやillustratorといったソフトで知られるAdobe社が提供する電子契約サービス。
世界中でサービスを提供するAdobe社が運営している安心感のあるサービスですが、色々調べたなかでわかったことをお伝えします。

Adobe Signの良かった点、気になった点と口コミ

良かった点

1.大企業向けプランはオーダーメイドのプランを作れる

Adobe Signの大企業・大口利用者向けプランである「Adobe Signビジネス/エンタープライズ版」では、契約書の送信回数の上限や連携する外部サービスを営業担当者と相談して個別に設定することができます。

料金も内容に応じて変わることになりますが、自社のニーズに合ったサービスを提供してもらえるのは大きなメリットといえます。

2.ブランド力がある

世界中で事業を展開し、Photoshop、illustrator、Acrobatといった超有名ソフトを提供している会社なので世界的に知名度が高いです。

気になった点

1.送信回数の上限が少ない

標準的なプランである「Adobe Sign小規模企業版(4,270 円/月)」を始めとした定額制のプランで送信可能な契約書の枚数は、年間わずか150枚と非常に少なくなっています。

こちらは同じような価格帯のクラウドコントラクト(4,378円/月)が年間600回(月50回)であるなど、他社のサービスと比較して非常に少ないと言えます。

2.複数名で使用すると高額になる

Adobe Signは一般的な電子契約サービスと違ってユーザー1人ごとに料金が発生するシステムになっています。

標準的なプランである「Adobe Sign小規模企業版」は1人月額4,270 円であるため、例えば5人で使用すると毎月21,350円、15人で使用すると月額64,050円と、その費用は他社と比べて高額です。

企業の場合、複数名で電子契約を使用するのは普通なので、Adobe Signを導入する場合は相当なコストが発生するとお考えください。

3.外部サービスとの連携機能が少ない

Adobe Signは多くの外部サービスとの連携機能を備えていますが、その大半は大企業・大口顧客向けプランである「Adobe Signビジネス/エンタープライズ版」限定の機能です。いずれのプランもOfficeソフトとoutlook、Dropboxとは連携可能ですが、salesforceを始めとするその他のサービスとの連携は大企業向けプラン限定となりますので、外部サービスとの連携機能は少なめといえます。

なお、大企業向けプランでは公式サイトに記載がない外部サービスであっても、技術的に可能であればどのようなサービスとも連携できますので、大企業の方にこのデメリットは当てはまりません。

4.サイトの一部が英語表記

Adobe Signのサイトには、英語表記のままとなっており、日本語に対応していないページが存在しています。問い合わせることで大体の疑問は解消可能ですが、比較検討の段階でスムーズに情報を得られないのはマイナスポイントと言えます。

口コミ


T社

コロナ対策として出社制限を強化する中で、契約の電子化を検討しAdobe Signを導入を決めました。Adobe Signを導入してからは自宅で契約書の押印依頼~契約後の管理まで完了することができ、業務の効率化が進みました。また操作が簡単でお年寄りの社員でも使える点も良いと感じています。


B社

1ライセンスにつき年間150件までしか契約書の送信等ができない点が気になります。また契約済みの書類を閲覧できない点も気になります。引継ぎの際などに後任の担当者に書類を見せられないので若干不便に感じています。

Adobe Signへの問い合わせ

Adobe Signへの問い合わせ方法

Adobe Signへの問い合わせは電話・チャット・お問い合わせフォームが利用できます。

電話とチャットは平日9時30分~17時30分まで営業しており、お問い合わせフォームは24時間利用可能です(14時までの問い合わせで当日中に返信)。

Adobe Signへ問い合わせた印象

20代くらいの男性の方に対応していただきました。料金プランや機能面について質問しましたが、それぞれの質問に対して回答はきちんと得られました。ただ自信のなさそうな話し方だったので、本当に正しい回答なのか少し不安になりました。もしかすると、別の部署の方がたまたま対応して下さっただけかもしれません。

Adobe Signの基本情報

料金プラン

  1. Adobe Acrobat Pro DC
  2. Adobe Acrobat PDF Pack
  3. Adobe Sign小規模企業版
  4. Adobe Signビジネス/エンタープライズ版

ホームページURL

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/sign.html

営業日

平日9時30分~17時30分

お問い合わせ先

0120-921-104

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/sign/contact.html

ホームページ内チャット

100人以下か個人事業主でとにかく安く早く電子契約を導入したい方


クラウドコントラクト

IP制限、API連携、テンプレートなどが必要なく、すぐに電子契約を導入したい企業や個人事業主には おすすめ。利用画面もシンプルでやさしいのでインターネットに不慣れな方でも使いやすい。 大手では対応できないような導入支援やルール作りまでを丁寧にしてくれます。 月50件以内であれば月額費用のみで済むので、毎月送付する契約書が多くなく、電子契約を使いたい企業には ぜひともおすすめしたい。

100人以上の規模でオーダーメイドのプランで電子契約を導入したい方

GMOサイン

GMOインターネットグループが提供する電子契約サービスで企業が必要な機能ごとにオプションをつけられるのでそれほど無駄な費用がかからない。
IP制限、API連携、テンプレートなどセキュリティ重視でコストもそこまでかけたくない100人以上の企業向け。Freeプランも用意されているが、支払情報や電子証明書申請が必要になるため、やや手間に感じる方もいるかも。

500人以上の規模でブランド重視とりあえず業界トップの電子契約を導入したい方


クラウドサイン

弁護士ドットコムが運営する累計登録社数№1の電子契約サービス。弁護士ドットコムの安心感と様々な機能を随時アップデートしているため機能が大変充実している。
ただ、中堅の企業で稟議機能、IP制限API連携、テンプレートなどの中で不要な機能があっても月額10万以上かかり必要性に合わせてカスタマイズすることができない。
コミコミで月10万円なので細かい値段をケチらない大手企業であれば導入すべきかも。

【3社比較】1ヶ月に50件締結するとしたら
料金はいくらになる?


クラウドコントラクト

¥3,980~(税別)

GMOサイン

¥14,300~(税別)


クラウドサイン

¥20,000~(税別)

月50件以内の締結数だったら圧倒的な安さ!!
電子契約を取り入れたい中小企業におすすめの会社です!!

電子契約書を選ぶ際に
最低限知っておきたいこと