BtoBプラットフォーム契約書 詳細と評判

実績のある電子契約サービスを導入したい大企業ならBtoBプラットフォーム契約書 !

BtoBプラットフォーム契約書は様々なBtoB向けシステムを提供したインフォマートが提供する電子契約サービスです。同社が提供するBtoBプラットフォームシリーズと連携させることで、 商取引関連の書類を全て電子化できる点が特徴です。 今回問い合わせて手に入れた情報や評判から、どんな企業に向いているかを分かりやすくご紹介します。また実際に問い合わせてみて感じた、担当者の印象などもお伝えします。

BtoBプラットフォーム契約書 の良かった点、気になった点と口コミ

良かった点

取引先の理解を得やすい

BtoBプラットフォームシリーズはこれまで57万社以上の企業に導入された実績があり、知名度が高いためBtoBプラットフォーム契約書においても取引先が利用を承諾しやすいと考えられます。セキュリティに特に気を遣っている企業や電子契約に抵抗のある企業でも、利用までのハードルが低い点はメリットと言えます。

フリープランでもワークフロー機能が備えてある

ワークフロー機能とは社内稟議をWeb上で効率よく行える機能ですが、BtoBプラットフォーム契約書ではワークフロー機能が全てのプランに備えてある点が良い点です。ただし3ライセンスまではワークフロー機能は無料ですが、それ以上の規模感で利用したい場合は1ライセンス/330円の費用が発生し10ライセンス以上から発行可という料金形態なので本格的に導入する際は注意が必要です。

気になった点

取引先に手間がかかる

BtoBプラットフォーム契約書で取引を行う際、取引先にもBtoBプラットフォーム契約書に登録してもらうことが必要です。取引先によっては手間に感じることもあるでしょうし、取引先に手間をかけさせることはある意味リスクにもなります。取引先が会員登録しなくても利用できる電子契約はたくさんあるので、この点はデメリットと言えます。

契約書を送信するたびに料金がかかる

BtoBプラットフォーム契約書では、月額固定費の他に契約書を送付するごとに料金(50円/件)が発生します。クラウドサインやGMOサインと比べると比較的安いですが、契約書の送付に料金がかからない電子契約サービスもあるので、できる限りリーズナブルに電子契約を導入したい場合は向かないかもしれません。

最も高いプラン以外では契約書の保管が難しい

BtoBプラットフォーム契約書はフリープラン、シルバープラン(11000円/月)、ゴールドプラン(33000円/月)がありますがフリープラン、シルバープランでは契約書を一か月に3件しか保管できません。電子契約は契約書の保管を電子化することによって保管場所を削減できることも大きなメリットなので、保管できる契約書数が著しく少ないのは確実にデメリットです。まともに電子契約を利用する場合はゴールドプラン(33000円/月)で利用する必要がありそうです。

口コミ


A社

インフォマートが提供する「商談」「受発注」「規格書」「請求書」「見積書」などに関する様々なサービスと連携可能な点でとても利用しやすいと感じています。電子契約を手軽に、簡単に導入したい企業には向かないと思いますが、総合的に電子化したい企業であればおすすめです。またBtoBプラットフォーム関連のシステムを利用している企業が多く、取引先がBtoBプラットフォーム契約書の利用に前向きな点も良い点だと思います。


B社

若干操作が複雑で慣れるまで少し時間がかかる点がネックです。取引先でも操作が難しいことがあるようで、設定や操作方法について問い合わせをもらうことがあります。また取引先にもBtoBプラットフォーム契約書に登録してもらう必要がある点でセキュリティーの厳しい企業との取引でハードルが上がってしまいます。それにBtoBプラットフォーム請求書などと併用する際は、併用するサービスにも登録してもらう必要があるのでお願いするのが申し訳ないです。

BtoBプラットフォーム契約書への問い合わせ

BtoBプラットフォーム契約書への問い合わせ方法

  • 電話
  • 問い合わせフォーム

問い合わせた際の担当者の印象

HPの電話番号に問い合わせましたが、総合受付に繋がってしまいました。「BtoBプラットフォーム請求書」を契約していない場合は基本的に直接電話で問い合わせることが難しいそうです。不明点の解消やサービスについての問い合わせは問い合わせフォームから行うようにしましょう。

BtoBプラットフォーム契約書の基本情報

料金プラン
  1. フリープラン
  2. シルバープラン
  3. ゴールドプラン
ホームページURL https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp
営業日 9時00分~18時00分
お問い合わせ先 03-5776-1147
https://www.infomart.co.jp/corporate/contact_im.asp

100人以下か個人事業主でとにかく安く早く電子契約を導入したい方


クラウドコントラクト

IP制限、API連携、テンプレートなどが必要なく、すぐに電子契約を導入したい企業や個人事業主には おすすめ。利用画面もシンプルでやさしいのでインターネットに不慣れな方でも使いやすい。 大手では対応できないような導入支援やルール作りまでを丁寧にしてくれます。 月50件以内であれば月額費用のみで済むので、毎月送付する契約書が多くなく、電子契約を使いたい企業には ぜひともおすすめしたい。

100人以上の規模でオーダーメイドのプランで電子契約を導入したい方

GMOサイン

GMOインターネットグループが提供する電子契約サービスで企業が必要な機能ごとにオプションをつけられるのでそれほど無駄な費用がかからない。
IP制限、API連携、テンプレートなどセキュリティ重視でコストもそこまでかけたくない100人以上の企業向け。Freeプランも用意されているが、支払情報や電子証明書申請が必要になるため、やや手間に感じる方もいるかも。

500人以上の規模でブランド重視とりあえず業界トップの電子契約を導入したい方


クラウドサイン

弁護士ドットコムが運営する累計登録社数№1の電子契約サービス。弁護士ドットコムの安心感と様々な機能を随時アップデートしているため機能が大変充実している。
ただ、中堅の企業で稟議機能、IP制限API連携、テンプレートなどの中で不要な機能があっても月額10万以上かかり必要性に合わせてカスタマイズすることができない。
コミコミで月10万円なので細かい値段をケチらない大手企業であれば導入すべきかも。

【3社比較】1ヶ月に50件締結するとしたら
料金はいくらになる?


クラウドコントラクト

¥3,980~(税別)

GMOサイン

¥14,300~(税別)


クラウドサイン

¥20,000~(税別)

月50件以内の締結数だったら圧倒的な安さ!!
電子契約を取り入れたい中小企業におすすめの会社です!!

電子契約書を選ぶ際に
最低限知っておきたいこと

メニュー