CLOUD STAMP 詳細と評判

クラウドサインをコンサル付きで導入したい企業ならCLOUD STAMP!

CLOUD STAMPはクラウドサインと導入コンサルティングサービスをパッケージで販売している電子契約サービスです。基本の機能はクラウドサインと同じですが、充実したサポートを受けられる点が特徴です。 今回問い合わせて手に入れた情報や評判から、どんな企業に向いているかを分かりやすくご紹介します。また実際に問い合わせてみて感じた、担当者の印象などもお伝えします。

CLOUD STAMPの良かった点、気になった点と口コミ

良かった点

弁護士ドットコムが監修

CLOUD STAMPはクラウドサインと同じく、弁護士ドットコム株式会社のもと提供されている点が良い点です。弁護士ドットコム株式会社は日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」の開発・運営を行っているので法律面で不安な方は安心感を持って利用できるかもしれません。

サポートが充実

クラウドサインを充実したサポート付きで導入できる点も良い点です。クラウドサインも使い方などのサポート体制は整っていますが、CLOUD STAMPは取引企業からのお問い合わせに対応してもらえたり、社内説明会を開催してくれるなど、サポートが非常に充実しています。コンサルティングにも対応しているので、導入に不安を感じる方におすすめです。

気になった点

料金が非公開

CLOUD STAMPは利用料金が公開されていない点が気になりました。電子契約サービスを選ぶで、費用が分からないと検討しづらいですし、費用対効果がどの程度出るのかも想像しづらいです。料金は資料請求かお問い合わせした企業にのみ開示しているようなので、連絡先をむやみに教えたくない企業にはハードルが高いかもしれません。

契約書の送信やサポートに費用がかかる

契約書を送るごとに費用がかかる点やサポートに費用が発生する点も気になります。こちらも公開されていませんが、クラウドサインでは1件ごとに200円かかるので同じ程度の料金がかかると思われます。またサポートにも料金が発生するので、そこまで手厚いサポートは必要ない企業にはCLOUD STAMPは向いていません。

ネームバリューで劣る

どうしてもクラウドサインよりもネームバリューで劣る点が気になりました。クラウドサインは国内で80%のシェアを占めており、導入する上で安心感を得やすいです。 クラウドサインもCLOUD STAMPも同じ機能のサービスなので、より有名なサービスを導入したいのであればクラウドサインの方がおすすめです。しかしネームバリューよりもサポートの手厚さにこだわるならCLOUDSTAMPの方が良いでしょう。

口コミ


A社

商談が成立したときに、その場で決済をして受注までをスムーズに行うことができる点が良い点です。今までは受注後に何度か足を運んでいましたが、電子契約を導入して訪問の手間が省けました。またリモートワークでもかなり役に立っています。これまでは自宅で承認作業などができず、わざわざ出社する必要がありましたが、自宅でも簡単に対応できるようになりました。


B社

操作方法や使いやすさで問題はないですが、取引先企業で電子契約に抵抗がある方への説明に苦労しています。自分たちで説明することがなかなか難しいので、電子契約サービスが法的に安全であることを説明できる資料やHPにQ&Aなどがあれば助かります。

CLOUD STAMPへの問い合わせ

CLOUD STAMPへの問い合わせ方法

  • 電話
  • 問い合わせフォーム

問い合わせた際の担当者の印象

質問した内容に簡潔に答えていただけました。分かりやすく説明してくださったので、まだ電子契約についてよく分からない方でも安心して問い合わせることができると思います。また打ち合わせの提案までして頂き、資料送付と合わせて商談の候補日まで送ってくれました。より詳しい話を聞きたい方は打ち合わせで質問するのも1つの手です。

CLOUD STAMPの基本情報

料金プラン 非公開
ホームページURL https://www.cloudstamp.jp/
営業日 平日10:00~18:00
お問い合わせ先 0570-023-737
https://www.cloudstamp.jp/contact

100人以下か個人事業主でとにかく安く早く電子契約を導入したい方


クラウドコントラクト

IP制限、API連携、テンプレートなどが必要なく、すぐに電子契約を導入したい企業や個人事業主には おすすめ。利用画面もシンプルでやさしいのでインターネットに不慣れな方でも使いやすい。 大手では対応できないような導入支援やルール作りまでを丁寧にしてくれます。 月50件以内であれば月額費用のみで済むので、毎月送付する契約書が多くなく、電子契約を使いたい企業には ぜひともおすすめしたい。

100人以上の規模でオーダーメイドのプランで電子契約を導入したい方

GMOサイン

GMOインターネットグループが提供する電子契約サービスで企業が必要な機能ごとにオプションをつけられるのでそれほど無駄な費用がかからない。
IP制限、API連携、テンプレートなどセキュリティ重視でコストもそこまでかけたくない100人以上の企業向け。Freeプランも用意されているが、支払情報や電子証明書申請が必要になるため、やや手間に感じる方もいるかも。

500人以上の規模でブランド重視とりあえず業界トップの電子契約を導入したい方


クラウドサイン

弁護士ドットコムが運営する累計登録社数№1の電子契約サービス。弁護士ドットコムの安心感と様々な機能を随時アップデートしているため機能が大変充実している。
ただ、中堅の企業で稟議機能、IP制限API連携、テンプレートなどの中で不要な機能があっても月額10万以上かかり必要性に合わせてカスタマイズすることができない。
コミコミで月10万円なので細かい値段をケチらない大手企業であれば導入すべきかも。

【3社比較】1ヶ月に50件締結するとしたら
料金はいくらになる?


クラウドコントラクト

¥3,980~(税別)

GMOサイン

¥14,300~(税別)


クラウドサイン

¥20,000~(税別)

月50件以内の締結数だったら圧倒的な安さ!!
電子契約を取り入れたい中小企業におすすめの会社です!!

電子契約書を選ぶ際に
最低限知っておきたいこと

メニュー