SignTimeの評判・口コミ・詳細を徹底解説

対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
1,650円~ あり

海外との取引も視野に入れるならSignTime!

SignTimeは英語・日本語の両方に対応した電子契約サービスです。リーズナブルでありつつ、便利な機能も多数使えるので、海外企業と契約するケースのある企業におすすめです。今回調査して手に入れた情報から、どんな企業に向いているかを分かりやすくご紹介します。また問い合わせてみて感じた、担当者の印象などもお伝えします。

SignTimeのメリット・デメリット

SignTimeのメリット

  • 1英語と日本語の2言語に対応!

    英語・日本語とに対応しているため、海外企業との契約業務もスムーズに行うことができます。

  • 2リーズナブルで豊富な機能!

    テンプレート機能・チェックボックス機能など、電子契約を締結するうえで便利な機能が多く備えられています。フリーランスなら1,650円、法人なら4,400円と低価格で利用できるのも魅力的です。

SignTimeのデメリット

  • 1サポート体制に不安

    電話によるサポートはプレミアムプラン、もしくはエンタープライズプランでないと受けられません。それ以下のプランだと、問い合わせフォームから相談するようです。不慣れで、「電話でサポートを受けながら操作したい」という方は高額なプランに加入する必要があります。

SignTimeの口コミ

A社

契約書ファイルをアップロードして、署名枠を設置するだけで契約書を作成可能なので、操作が簡単です。署名枠はドラックアンドドロップで自由に設置できます。

B社

電話サポートはプレミアムプラン以上でないと受けられない点が気になります。フリーランスや小規模企業の場合は利用がしづらいと思います。

SignTimeの基本情報

料金プラン
  • エントリープラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • エンタープライズプラン
ホームページURL https://corp.signtime.jp/
営業時間 HPに記載なし
お問い合わせ先 HPに記載なし

問い合わせた印象

テレワーク中のため、問い合わせフォームから連絡しました。連絡から6日後にようやく返信を頂けました。他社の連絡スピードと比較して遅いと感じました。

おすすめ電子契約サービス3選

【操作が簡単で安い】クラウドコントラクト

CloudContractのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
4,378円~ あり

中小企業や個人事業主向けの電子契約サービス。業界最安値クラスの導入しやすいお手頃価格と、操作が簡単ですぐに使いこなせるシンプルな機能が特徴です。


【高機能な有名サービス】クラウドサイン

クラウドサインのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
11,000円~ あり

業界内で高い知名度を持つサービス。大手企業のニーズに答える豊富な機能をそろえています。


【カスタマイズ機能が豊富】GMOサイン

GMOサインのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
8,800円~ あり

オプション機能が豊富で、自社のニーズに合わせて機能をカスタマイズできるサービス。主に大企業向け。

電子契約サービス徹底比較!!

電子契約の基礎知識

  • 電子契約の基礎知識

  • 電子契約の導入方法

  • 電子契約ニュース

電子契約サービス一覧

国内の電子契約サービスをすべてまとめたデータベースです。登録不要・無料でご利用いただけます。

チェックする

電子契約サービス徹底比較!!

電子契約の基礎知識

  • 電子契約の基礎知識

  • 電子契約の導入方法

  • 電子契約ニュース

電子契約サービス一覧

国内の電子契約サービスをすべてまとめたデータベースです。登録不要・無料でご利用いただけます。

チェックする