中小企業やフリーランスから好評電子契約システム『契約大臣』に書類保管機能を追加~改正電子帳簿保存法に必要な要件に準拠~

2022年01月05日

『契約大臣』に書類保管機能を追加

2022年1月4日

株式会社TeraDoxは2022年1月4日、中小企業、フリーランス・個人事業主の契約に特化した電子契約システム『契約大臣』において、2022年1月1日から施行された改正電子帳簿保存法に準拠した書類保管機能をリリースしたと発表した。

契約大臣

書類保管機能追加の背景

契約大臣は2021年5月27日のリリース以降、企業やフリーランスの方をはじめとして、ユーザー数は現在も順調に増加している。 リリース時は基本的な機能に限定したサービスだったが、2022年1月の改正電子帳簿保存法の施行にあわせて、改正電帳法の保存要件に準拠した新機能をリリースした。

書類保管機能の概要

書類保管機能は過去に作成した書類・他社で締結した契約書をアップロード可能。紙の書類でもスキャンしてPDFで取り込むことで、クラウド上に保管が可能となる。したがってペーパレス化を実現可能。 料金は月額5,500円から利用でき、最大500件保存可能だ。500件を超える場合は、500件ごとに月額1,100円(税込)の追加料金が必要となる。

書類保管機能リリースに伴いキャンペーンを開始

2022年1月4日から書類保管機能が無料で利用できるキャンペーンを開催する。キャンペーン詳細は下記の通り。

【キャンペーン概要】

契約大臣の書類保管機能リリースを記念し、本来有料(税込5,500円/500件まで)の書類保管機能を期間限定で無料提供する。

【キャンペーン期間】

実施期間:2022/1/4(火)〜2022/2/28(月)

【定員】

先着50社

【キャンペーン対象者】

・キャンペーン期間中に書類保管機能の利用を開始したユーザー先着50社

【キャンペーン対象外】

  1. 本キャンペーン期間中に書類保管機能の利用を開始したユーザーのうち、先着50社以降に利用開始したユーザー。
  2. 本キャンペーン期間外に書類保管機能の利用を開始したユーザー。

【参加方法】


①(契約大臣にアカウント未登録ユーザーの場合)契約大臣にアカウントの本登録を行う。

②ログインして、画面左側のメニューに表示されている『書類保管』をクリック。

③利用規約と注意事項を確認後、「申し込み」ボタンを押す。

④プラン・お支払い設定画面の書類保管機能ご利用が「書類保管機能利用中」と表示されれば完了。

【注意事項】

  1. 本キャンペーンは予告なしに変更、もしくは終了する可能性がある。
  2. 本キャンペーン無料期間終了後、継続意志の有無を確認する。

おすすめ電子契約サービス3選

【操作が簡単で安い】クラウドコントラクト

CloudContractのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
4,378円~ あり

中小企業や個人事業主向けの電子契約サービス。業界最安値クラスの導入しやすいお手頃価格と、操作が簡単ですぐに使いこなせるシンプルな機能が特徴です。


【高機能な有名サービス】クラウドサイン

クラウドサインのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
11,000円~ あり

業界内で高い知名度を持つサービス。大手企業のニーズに答える豊富な機能をそろえています。


【カスタマイズ機能が豊富】GMOサイン

GMOサインのロゴ
対象 月額料金 無料お試し
個人
法人
8,800円~ あり

オプション機能が豊富で、自社のニーズに合わせて機能をカスタマイズできるサービス。主に大企業向け。

電子契約サービス徹底比較!!

電子契約の基礎知識

  • 電子契約の基礎知識

  • 電子契約の導入方法

  • 電子契約ニュース

電子契約サービス一覧

国内の電子契約サービスをすべてまとめたデータベースです。登録不要・無料でご利用いただけます。

チェックする

電子契約サービス徹底比較!!

電子契約の基礎知識

  • 電子契約の基礎知識

  • 電子契約の導入方法

  • 電子契約ニュース

電子契約サービス一覧

国内の電子契約サービスをすべてまとめたデータベースです。登録不要・無料でご利用いただけます。

チェックする